インプラントに興味を持っている人がなかなか治療に踏み出せないでいる理由の一つに「安全性」の問題があると思います。
歯を失ってしまった時に治療として、従来は差し歯やブリッジによる治療が行われていましたが、そいうった治療法と比べるとインプラントが失敗した時のダメージは大きいのは事実です。
そういった失敗を避けるためにも歯科医院選びは慎重に行いたいところです。
インプラントの治療において特に安全性が問題となるのが「骨とインプラントの結合が上手くいかないこと」です。
インプラントでは土台となる部分を顎の骨に埋め込むことでインプラントの本体部分を固定します。
これが上手くいくと、インプラントがしっかりと固定してくれるので、まるで自分の歯のように食べ物を噛むことができます。
これが、差し歯やインプラントに比べて大きなメリットになります。
しかし、インプラントの土台をアゴに埋め込むためには外科手術が必要になります。
その際には麻酔をすることになりますから、麻酔による事故が起こらないとも限りません。
また、土台を埋める部分はドリルを使って孔を開けることになりますが、その際に血管を傷つけてしまい出血多量で患者が死亡してしまうという事故も起きています。
先程も言いましたが、こういった事故を避けるためには歯科医院選びが非常に重要になります。
近年のインプラントは技術の進歩もめざましく、しっかりとした技術を持った医師であれば安全性にはまったく問題がありません。
ですから、実績のある医院を選ぶだとか、評判の良い医師を選ぶなど、自分が信頼できる歯科医院を見つけるようにしましょう。