インプラントは近年、歯の治療で大変人気があり画期的な治療方法の一つです。
インプラントとは、怪我などで失われてしまった歯を外科的な手術によって人口の根を埋め込み、それを土台として人口の歯を取り付けるといった歯の治療で、メリットとしては、違和感がなく、自分の本来の歯と同じようなな感覚でものを食べたりする事ができるという事や、入れ歯などではむつかしい、物をかみ砕くという事に関しては自分の本来の歯と変わらないという事、ブリッジという治療方法のように健康な歯を削るという必要もなく、見た目もまったく自分の歯と変わらないという事だと思います。
入れ歯などにした場合、自分の歯のようにとはいかず、かみ合わせやメンテナンスなども随分と大変なものです。
それに引き換え、インプラントの場合、メンテナンスもほぼいらず、今までの歯のように扱う事ができます。
ものをしっかりとかみ砕くという作業は、人間にとって大変大切な事で、しっかりとかみ砕く事で健康を維持できると言っても過言ではありません。
しっかりかむという事ができるという事は、健康につながるという事でもあります。
ブリッジの場合にも見た目が自分の歯と変わらないと言われますが、ブリッジをする両サイドに歯がなければ治療ができませんし、両サイドの歯がしっかりしていなければなりませんが、インプラントの場合そういった支える歯がなくても治療ができるという事がメリットになってきます。