インプラントの治療を行った場合、治療が終わればそれで終了という訳ではありません。
インプラントはご自身の顎の骨にフィクスチャーという人工歯根を埋め込み、それがご自身の骨と結合をしてからアバットメントという連結部分、上部構造である人口歯をはめ込んでいますので、半永久的に口腔内に固定をしているものです。
しかしインプラントが例え半永久的に固定をされてものといっても、その土台となるべき顎の骨にトラブルなどが起これば、顎はインプラントを支えきる事ができなくなってしまいますし、歯周病が進行をすると天然歯を支える事ができなくなるようにインプラントも差支える事ができなくなってしまいます。
このようなトラブルを予防をする為に、インプラント装着後には定期的なメンテナンスと日々のメンテナンスが必要となるのです。
定期的なメンテナンスというのは、インプラントの手術を行った歯科医院などに行き、噛み合わせのチェックやレントゲンによる診査を受ける事により、人工歯根に異常がないかをチェックする必要があります。
また日々の歯磨きなどでは落とし切れていない歯垢などの汚れを歯科医師や歯科衛生士によりケアをしてもらう必要もあります。
こうした歯科医院での定期的なメンテナンスというのは、インプラントだからという訳ではなく、天然歯の方でも健康な歯を維持するために行っている事ですので、インプラントだから特別という訳ではありません。
天然歯でも人口歯でも歯科医院での定期的なケアというのは必要な事なのです。
また日々のメンテナンスというのは、もちろん歯磨きです。
ただインプラントだから言って、特別な歯磨き方法がある訳ではありません。
天然歯を健康な状態で維持しているように、普段通りの歯磨きを行えばよいのですが、ただひとつ、インプラントは人口歯ですので、天然歯と違い接続部分というものがあります。
その為にどうしてもこの接続部分に歯垢などの汚れがたまり易く、そして汚れを落としにくい部分となってしまうために、この接続部分を意識した歯磨きという事が大切になってきます。
歯ブラシだけでは落としにくいと感じるのでしたら、デンタルクロスや歯間ブラシなどを使用すると良いでしょう。

No Responses to “ メンテナンスの必要性 ”

Sorry, comments for this entry are closed at this time.