インプラントの治療には高額な費用が必要となります。
これはインプラントの治療は保険適用外である自費治療であるために、治療にかかった費用の全てをご自身で負担をしなければならないからです。
インプラント一本当たりの費用が20万~60万とされており、他にインプラントを実際に埋め込む為の手術代、またCTやレントゲンなど別途費用も必要となり、インプラント治療は「高額」となっています。
しかしこの高額な金額を支払ったとしても、抜け落ちてしまった歯を人口歯により取り戻すことができ、定期的なメンテナスを行う事で、半永久的に使用する事ができるのですから、見た目を気にしなくても良いというような精神的、食事などをしっかり噛むことができるというような肉体的な効果を考えてみれば、確か高額ではありますが、それに見合うだけの価値があるともいえます。
治療費の支払方法としては、現金一括払いだけでなく、現金分割支払い、クレジット払い、歯科医療専用のローンであるデンタルローンなどが利用できる場合が多いですので、どのような支払方法ができるかという事を治療の前にご自身が通院する歯科医院で確認をすると良いでしょう。
そしてこうした高額な治療費を支払った時に活用をしたいのが「医療控除」という制度です。
これは一年間に10万円以上の医療費を支払った場合に、所得税の還付、また翌年度の住民税の減額が行われる制度です。
インプラントはこの「医療控除」の対象となっていますので、治療を行った場合にはこの「医療控除」制度を利用して、所得税の還付、住民税の減額を受ける事を忘れないでください。
そしてこの「医療控除」の申請には治療費を支払った際の領収書が必要となりますので、領収書をもらった場合にはしっかりと保管をしなけばなりません。
一年間に10万円という高額な支払となると、それならば手術を受けた年度だけと思いがちですが、この「医療控除」の10万円というのは、ご自身だけでなく、ご自身と生計を共にするご家族の年間合計金額となりますし、ひとつの治療に関してだけではなく、年間を通して支払った医療費の合計となりますので、インブランチ治療のメンテナンスを行った年に、風邪をひき病院に係ったという場合には、その医療費、市販の痛み止めを購入した場合にもその薬代を加算する事ができますので、それらの領収書もしっかりと保管をして、「医療控除」の対象となった時には、その制度を活用するために申請をするようにして下さい。

No Responses to “ 医療費控除を活用 ”

Sorry, comments for this entry are closed at this time.