虫歯の悪化、歯周病、そして外傷などさまざまな原因で歯を失ってしまうことがありますが、永久歯は再生することはありませんので、歯茎の状態が回復したら、人工歯を作る治療が行われることとなります。
保険が適用される治療では、入れ歯、そしてブリッジという方法があり、これらは治療も比較的簡単に行えますし、短期間で治療が終えること、料金が安く済むなどのメリットがあります。
でも、良い面ばかりではなく、入れ歯は見た目の悪さや、噛む力の弱さ、歯茎が痛い、取り外して手入れをする手間もありますし、ブリッジは違和感は少ないものの、悪くない歯を削る必要があり、そしてその歯で支えていくこととなるので、歯の寿命を縮めてしまうことにつながります。
そしてそういったブリッジや入れ歯の欠点を補った治療がインプラントです。
インプラントは歯がなくなった部分のあごの骨にチタンなどの人工歯根を埋め込む治療です。
それゆえにしっかりと安定しますので、噛む力が強く周りの歯に負担をかけないというメリットがあります。
そして埋め込んだ人工歯根が定着したら、その上に人工歯冠を被せて治療が完了となります。
見た目も本物の歯に近く、自分の歯のように使うことができますし、いちいち取り外して手入れをする手間もありません。
治療は保険適用がされないので、保険適用の治療とは違い高くついてしまいますが、手入れがよければかなり長く使っていくことができますので、歯磨きを丁寧にすること、定期的に歯科医院でメンテナンスを行うことは欠かさないようにしたいものです。
そして治療に時間がかかってしまう、体に負担がかかるというイメージもありますが、最近はより治療も進化しており、体への負担も少なくなっていますし、その日のうちに仮歯を入れられる治療も登場しています。
そして一本だけ歯を失ってしまった場合から、総入れ歯ですでに歯がなくなってしまった場合も、入れ歯を安定させるために埋め込むなど、さまざまな症状に対応することができます。