私、38歳になるサラリーマンです。
ある日、差し歯の調子が悪くなりいつも通う歯医者さんへ行こうとました。
しかしその私が通う歯医者さんが、いつの間にか歯科医を辞められてしまい、どこか新しい歯医者を探すことになりました。
こんな時って、結構困ると思います。
どこか上手な歯医者はないだろうか?と、インターネットの検索でいろいろと調べたりもしました。
そこでみつけたのが、痛くなく、やさしい、上手と評判に歯医者さんでした。
そんな歯医者さんに通うことになった私、差し歯を抜くことで入れ歯になってしまうです。
先生曰く、まだ若いのだからインプラントにしておくだけで、将来まで安心していることが出来ると言うのです。
入れ歯にした時の不便さをいろいろ教えてもらい、このままの治療を続けると最後は総入れ歯と言うことになるとの説明でした。
インプラントは、最近される方が多いと思います。
その人たちは、みんなインプラントにしておいて良かったと言うのです。
そこには、噛み合わせの問題もあると言うのでした。
入れ歯と違い、しっかりとものを噛むことが出来る、そして入れ歯のイヤな臭いがしないで済むというのでした。
ただ残念なことは、保険が利かないと言うことです。
それでも一本だけの手術と言うことですから、年老いたことを考えると今のうちに一本処理しておくのも良いことではないかと思い、手術してもらいました。
期間は結構かかりましたが、今では自分の歯があると同じです。
差し歯の時より気持ちよく物を食べることが出来るようになりました。