インプラント治療というと「高い」というイメージがあるかと思います。
実際にはどうなのかと言いますと、インプラント一本当たりの費用の相場はいくらかなのかと言いますと、全国平均で20万~60万という価格になっています。
20万~60万、3倍もの価格差がある平均相場ですが、この価格の幅にはもちろん理由があります。
まずインプラント治療というのは保険適用外の医療になりますので、全額自己負担だという事を覚えておいて下さい。
これは歯科矯正も同様であり、虫歯など歯科の治療に必要な治療、疑歯などは保険適用ですが、インプラントや歯科矯正のような、より質の良い仕上がりを求める医療の場合には自由診療となり保険の適用外となるのです。
ただし法改正により平成24年4月より、病気や事故により広範囲に顎の骨を失ってしまった場合など、国が定めた条件を満たせた場合にのみ、インプラント義歯治療が保険適用の治療の範囲に定められました。
これまでは病気や事故などで広範囲に顎の骨を失い、歯を失った方にとって、精神的なショックに加え、金銭的な負担が大きくのしかかったいた訳ですので、こうした法改正は大変歓迎されることです。
しかしそれ以外の一般の方は現在も自由診療ですので、一本当たりの費用が20万~60万というのはかなりの負担と言えるでしょう。
この価格の差の理由は、インプラントに利用する素材の違いがあります。
インプラントの素材にはオールセラミックやハイブリッドセラミック、セラミックメタルボンド、ジルコニアといった種類がありますが、どの種類を使用するかによって、その一本当たりの金額も違ってくるのです。
またインプラントの治療や人口歯などはほとんどが手作業で行われるために、患者さんの一人一人のオーダーメイドと言ってもよい治療であり、その事も治療費の価格が高額になる理由になっています。
インプラントは治療後、必要なメンテナンスを行えば半永久的に利用する事ができる新たな「歯」となります。
その利用価値を考えてみて、この一本当たりの金額が高いかどうか、ご自分が治療をする上で判断が必要となります。

No Responses to “ インプラントに係る費用 ”

Sorry, comments for this entry are closed at this time.